初心者でも副業で稼げるお勧めネットビジネス8選

こんにちは。セールスシナリオライター深山です。

あなたは今のお給料とは別に「5万でも10万円でも収入が増えたらいいな」と思ったことはありませんか?それを可能にするのがインターネットビジネスと呼ばれるものです。

インターネットビジネスとは、インターネットを活用してビジネスを行うこと言います。もしかすると、『ネットビジネス』という方がしっくりくるかもしれません。

ネットビジネスを簡単に説明すると、ネット上にホームページやブログを立ち上げ、そこに広告を出したり、ご自身の商品やサービスを購入してもらい収入を得るビジネスの方法です。

では、いったいネットビジネスにはどんな方法があるのか?

今日は初心者でも手軽に始めることができ、収入を得やすいネットビジネス8つご紹介していきましょう。

ネットオークション

ネットオークションと聞いて一番に思い出すのはなんですか?なんといっても一番はヤフーオクションではないでしょうか。あとはそれに追随する形で、楽天オークション、スマホに特化したモバオク、eBay公認のセカイモンなどが有名です。

どんな人がネットオークションに向いているのか?

なんといっても、ご自身でビジネスの経験がないかたにはネットオークションは最適と言えるでしょう。

「え、でも売るものなんて何もない…」という方も心配しないでください。まずは、家にある不要品でまったくOK。1回も着ていない洋服。使わなくなったゲーム。使い古したパソコン。

何でもOKです。

もしかしたらあなたにとって不要品でも、他の人にとってはお宝ということもありますし、そういったものが意外と高値で取引されたりするわけです。

ネットオークションをやると、商品を写真で撮ったり、撮った写真を商品紹介ページに載せ、商品紹介を書いたりと、以外にやることが多いことに気がつくはずです。そういったことが、ネットビジネスを始めるための基礎となります。

また、あなたが出品した商品が落札されれば、落札者さんと連絡を取り合わなければなりません。そういったことが、顧客対応のスキルを磨くことにつながったりするのです。

もし、あなたがビジネスにあまり慣れていないのであれば、ぜひ、ネットオークションからは始めてください。とても良い経験を積むことができるでしょう。

そして、「ネットで商品を仕入れ売ることが好きだな」と感じれば、そのまま続けて毎月5万円を目標にビジネスとして始めればいいでしょう。

ネットオークションのメリット

ネットオークションのメリットは何とっても”とっつきやすさ”にあります。先程もお伝えしたように、家にある不要品でも始めることもできますし、不要品がお宝に化ける可能性もあります。

それともう1つのメリットとして、稼ぎやすいということもあげられます。

ネットオークション自体は1週間前後で終わってしまいますし(出品期間は決めることができます)、商品を売れればすぐに現金を手に入れることも可能です。

普通、ビジネスというとお客さまを集めることが一番難しいのですが、ネットオークションの場合は、お客さまの方から勝手にあなたの商品を検索し、興味があれば入札してくれるわけです。

そういった意味で、ネットオークションは手軽に初められることができ、稼ぎやすいというのが大きなメリットになります。

ネットオークションのデメリット

では、一方ネットオークションのデメリットというと、毎月定期的に稼ごうとすると、商品の仕入れや在庫の確保などをしなければなりません。

家の不要品を出品するくらいのレベルなら問題ありませんが、ビジネスとして毎月定期的に稼ごうとするとそれなりの準備が必要になります。
中でも一番はどんな商品を売るか?です。

真剣にやればやるほど、利益の取れる商品と利益のとれない商品の見極めが必要になります。また、オークションの性質上、一気に商品を売りさばくということが難しいので、常に商品の仕入れをコツコツ続けなければなりません。

そう考えると、商品の仕入れが好きで、コツコツ続けられる人に向いているのかもしれませんね。

アフィリエイト

アフィリエイトという言葉を聞いたことがありますか?アフィリエイトというのは、あなたのサイトやブログに商品の広告を掲載して、あなたの広告から商品が売れたら、その成果として報酬を得ることができる仕組みです。

要するに、あなたが売る商品を持っていなくても、商品を売ることによって報酬を得ることができるというわけです。

どんな人がアフィリエイトに向いているのか?

もうすでにWebサイト運営している、もしくはメールマガジンを発行してるという方ならすぐにでもアフィリエイトを始めることができます。

というのも、アフィリエイトで商品を紹介する場合、当たり前の話ですが、たくさんの人にあなたが紹介している商品を見てもらわなければなりません。

いわゆる、集客をする必要があるわけです。また、今ならFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで、何かしらのコミュニティーを持っている方もアフィリエイトには向いています。

これはメールマガジンやソーシャルメディアの両方に言えることですが、もし、あなたが自信を持って「これは良い!」という商品を見つけることができれば、あとはメールマガジンやソーシャルメディアを通して、あなたのコミュニティーに紹介すれば報酬につながる可能性がグンッとアップするからです。

アフィリエイトのメリットとは?

アフィリエイトの最大のメリットは、なんといっても、あなた自身が商品を持っていなくても、もしくは、商品の在庫を抱えなくても、すでに用意された商品の中から「これは売れそうだ!」というものを選んで紹介するだけです。

では、その商品をどこから選ぶのか?というと、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)と呼ばれるサービスを行っている会社があります。

このASPの中で有名なものは、A8.netやアフィリエイトBなどがあげられます。しかも、登録も無料なのでお手軽に始めることができます。

A8.netやアフィリエイトBは紹介できる商品もたくさんありますし、また、登録することによってアフィリエイトの全体像も掴むことができるので損はないでしょう。

また、あなたが今Webサイトやブログを持っていなくても大丈夫。Webサイトもブログも無料で作ることができますし、メールマガジンの発行も今は無料でできる所が増えてきました。そういったこともアフィリエイトの大きなメリットの1つと言えるでしょう。

アフィリエイトのデメリットとは?

アフィリエイトの一番のデメリットは、なんと言っても先程もお伝えしたように、すべて無料でやろうと思えば出来てしまうため、参入障壁が引くことが挙げられます。要するに、誰でもお手軽簡単にできてしまうため、ライバルも必然的に多くなるわけです。

また、いかにしてあなたのWebサイトやブログにアクセスを流し、商品を購入してもらうかも頭の悩みどころです。

メールマガジンも発行した所で、読んでくれる人がいなければ意味がありませんし、ブログの記事を1記事、2記事くらい書いてアップしただけでは商品は入れません。

アフィリエイトを成功させるためには、結局のところ、継続的にコツコツとWebサイトを更新したり、ブログの記事を書き続ける必要があります。

そういった意味では、コツコツと記事を書き続ける、サイトの更新をするという作業が苦にならない方は、アフィリエイトに向いていると言えます。

また、ほとんどの人がアクセスを集め、集客をするということができていないため、この問題さえクリアできれば、アフィリエイトで稼ぐ確率は飛躍的にアップします。

ポイントサイト

ポイントサイトとは、別名お小遣いサイトとも呼ばれたります。会員登録、資料請求、何かサイトで買い物、ゲームをする、URLをクリックするなどの何かしたらアクションを起こすことによってポイントが溜まる仕組みになっています。

また、そのポイントがある程度たまると、現金に交換することができたり、電子マネーやギフト券などに交換することができるという特徴もあります。

どんな人がポイントサイトに向いているのか?

ズバリ、Webを使ってお小遣いを稼ぎたいけど何から始めたらいいのかわからない人。そんなに大金は稼げなくていい人。Webに関する知識に自身がない人など、いわゆるインターネット初心者の方にはオススメです。

というのも、ポイントサイトでお小遣いを稼ぐには、Webサイト持っている必要もありませんし、ブログも新しく作る必要もありません。要するに、パソコンの画面を見て、必要事項にそってポチッとマウスさえクリックすることができれば、すぐにでもお小遣い稼ぐことができます。

また、ポイントサイトには年齢制限がありませんので、実は、やり方さえ知ってしまえば、小学生や中学生、おじいちゃんやおばあちゃんでも簡単にお金を稼ぐことができてしまいます。

ポイントサイトのメリットとは?

ポイントサイトの最大のメリットは、先程もお伝えしたように、インターネット初心者でもお手軽に始めるられる点です。

ポイントサイトに登録するのは無料で出来ますし、Webサイトもブログも必要ありません。登録したその日からすぐに始めることができ、一生懸命やればすぐに数千円から数万円程度のお金を稼ぐことができます。

インターネットで買い物を頻繁に行う方なら、ポイントサイトに登録しない手はありません。というのも、多くのポイントサイトでは、楽天やAmazon、Yahoo!などと提携しているので、買い物をする度にポイントを貯めることができるわけです。

また、ポイントサイトによっては、GETしたポイントに応じてランク付けをしているポイントサイトもあり、ポイントを貯めれば貯めるほどポイント還元率がアップするのも嬉しい特典ですね。

ポイントサイトのデメリットとは?

いいこと尽くめのポイントサイトですが、実はデメリットもあります。

その最大のデメリットはなんと言っても、「たくさんのお金を稼ぐことはできない」ということです。たまに「ポイントサイトで毎月10万円を稼ぐ」的な謳い文句を見かけますが、10万塩分のポイントを貯めるには相当の時間と労力が必要になりまし、何十個ものポイントサイトに登録をしなければ不可能です。

また、何十個もポイントサイトに登録するとなると、そもそも登録に時間がかかりすぎて面倒ですし、パスワードの管理も大変になります。

それに、ポイントが分散されてしまい、ポイントサイトの最低交換基準に達しない場合も出てきますし、ポイントサイトごとの仕組みを把握しなければならないので、お金を稼ぐ前に疲れ果ててしまいます。

まず、登録するポイントサイトも2つくらいに絞り(げん玉、ハピタスなどが有名です)、毎月数万円程度稼ぐことを目標に始めましょう。

ポイントを貯める方法としては、無料のサービス登録(無料会員登録、資料請求、モニターやアンケート、保険相談など)、ポイントサイト経由でのショッピング(楽天、Amazonなど)、無料アプリのダウロードなどを行うようにして、なるべく時間と手間のかからない方法から始めると良いでしょう。

ポータルサイト

「ポータルサイトなんて言葉初めて聞いた」なんて人もいるかもしれません。ポータルとは「入り口」の意味。要するに、インターネットにアクセスしたときの入り口となるWebサイトのことをポータルサイトと呼んでいます。

ポータルサイトは、検索エンジンからWebサイトへアクセスするだけでなく、その他、ニュースやオークション、ショッピングなど色々な情報へアクセスすることできるのも特徴のひとつです。分かりやすい例で言えば、Yahoo!などはどの代表例と言えるでしょう。

また、特定の地域をターゲットとして、観光情報や口コミ、飲食店の情報などを扱っている「地域ポータルサイト」と呼ばれるもの。

お医者さんや歯医者さん、治療院などの情報を地域ごとに集め、情報を検索している人に分かりやすくアクセスできるようにしている「業種業態別のポータルサイト」などもあります。

ポータルサイトはどんな人に向いているのか?

ポータルサイトはインターネットビジネスの中でも上級者向けと言えます。最初から独立起業したい人、本格的にビジネスとして毎月安定した収入を得たい人に向いています。

そういった意味では、ある程度ビジネス経験があり、長期的にポータルサイトに時間を労力を投資することができる人に向いているでしょう。

また、ポータルサイトは、アフィリエイトのサイトやブログをコツコツと書きつづける作業と違い、ある程度しっかりとしたポータルサイトを作ってしまえば「放置」をしてしまっても安定して収入を得ることが可能です。

もちろん、ある程度まではコツコツ作業を進める必要はありますが…

ポータルサイトのメリットとは?

ポータルサイトの最大のメリットは、軌道にのせることができさえすれば、毎月安定した収入をGETすることが可能です。

それに、ビジネスとしてその仕組を理解していれば、ご自身で自由自在にビジネスプランをたて、ポータルサイトをきっかけにしてビジネスを拡大することもできます。

Yahoo!などを見て頂ければ分かる通り、主な収入源は広告収入です。あなたのポータルサイトにアクセスが集まれば集まるほど、収入は雪だるま式に増え続けますし、有名になれば「あなたのサイトに広告を載せて頂けませんか?」という具合に大手企業からオファーが来ることもあります。

ここまでの話を聞いて「でも、なんだか難しいそう…」と感じている人もいるかと思います。ですが、この「難しそう…」というのがポイントで、あなたが難しいと感じているのはなら、他の人も同じように感じているはずです。ということは、参入障壁が高く、ポータルサイトはライバルにマネされにくいというメリットもあります。

だからこそ、チャレンジしてうまくポータルサイトを運営することができれば、ライバルと圧倒的な差を付けることができるわけです。

ポータルサイトのデメリットは?

ポータルサイトのデメリットは、なんといっても作るのに時間がかかるということです。それに、サイトを運営するとなると、サーバーも借りなければなりませんし、ドメインも取得しなければなりません。なので、ある程度の初期費用も必要になります。

とは言っても、店舗を持つわけではありませんので、店舗ビジネスに比べれば遥かに少ない投資でポータルサイトを立ち上げることはできます。ですが、サイト作成費やポータルサイトの運営システム開発費などは別途費用が必要になるでしょう。

それともう1つ”広告費”という費用も考えておいた方がいいでしょう。ポータルサイトを作っても、作っただけでは大海原にぽつんと島が浮かんでいるようなものです。これではどんなに素晴らしいポータルサイトを作ったとしても、まったく意味がありません。ですから、あなたのポータルサイトを宣伝する必要があるわけです。

先ほど「ポータルサイトは時間がかかる」ということをお伝えしましたが、時間がかかる要因の1つとして、「知ってもらうのに時間がかかる」ということもあります。なので、広告費を使って宣伝することによって、その時間の短縮になり、効率よくあなたのポータルサイトを知ってもらうことができるのです。

クリック報酬型広告(Google AdSense)

クリック報酬型広告で一番有名なものは、なんと言ってもGoogle AdSenseでしょう。

「じゃ、いったいGoogle AdSenseとは何なのか?」Google AdSenseというのは、自分のホームページやブログの記事に広告を載せて、その広告を読み手がクリックするだけで収入になるというものです。

アフィリエイトのこともお話しましたが、アフィリエイトと違って商品を紹介するわけではありません。しかも、Google AdSenseの広告は、読み手の興味ある情報が優先的に配信されるので、クリックされる確率も自然と高くなります。

また、効果的に収益を得られるようにGoogleの方で、様々な広告のフォーマットを用意してくれてるので、ホームページやブログ記事のどんな場所にも適した広告を配信することができるのも特徴の1つです。

Google AdSenseはどんな人に向いているのか?

もしあなたが趣味を持っているのなら、Google AdSenseに向いていると言えます。というのも、Google AdSenseで収入を得るためには、様々なジャンルのホームページやブログを書かなければなりません。

例えば、芸能人の情報に特化しているサイト、アプリのレビューに特化しているサイト、スポーツに特化しているサイトなどです。

さらに言えば、Googleはサイトの品質にこだわりを持っています。

サイトの品質というのは、簡単に言うと「読み手にとって有益な情報が載っているか?」ということです。だからこそ、あなたが何か趣味を持っているのは、その趣味や得意なことについて記事を書き始めていけば、始めやすいですよね。

まずは、Google AdSenseでいくら稼げるかにフォーカスをするのではなく、どれだけ自分好みのサイトを作れるかということに集中した方が、結果的にGoogle AdSenseで報酬を得ることができるでしょう。

Google AdSenseのメリットとは?

Google AdSenseのメリットと言えば、なんと言っても無料ということでしょう。あなたがホームページやブログをすでに持っているのなら、Google AdSenseに登録をするだけですぐに始めることができます。

しかも、Googleの方で、読み手にとって関連性が高く、より多くの収益が得られるものだけに絞って配信してくれので、あなたに専門的な知識がなくてもまったく問題ありません。

それに、あなたがGoogle AdSenseの操作になれてくれば、あなたのホームページやブログの記事に関連性の高いもの、より収益を得やすものだけに絞って配信することも可能なので、Google AdSenseを運営すればするほど、収益を得やすくなるわけです。

また、Googleの広告スペースにオークションに参加している広告主の数は、100万人以上と言われています。

ということは、あなたがどんな内容のホームページやブログを作ろうと、あなたの記事に合わせて収入の単価が高く、サイトの内容に合致した広告を高い確率で掲載することができるのも大きなメリットです。

Google AdSenseのデメリットとは?

Google AdSenseのデメリットとして、収入を得るまでに時間がかかる点があげられるでしょう。というのも、ホームページやブログを一生懸命書いたとしても、あなたのサイトを見てくれる人がいなければ、あなたが掲載している広告もクリックされることがありません。

また、サイトのアクセス状況によって報酬にバラつきがあるということもあります。

それに、先ほどお伝えしたように、Googleは「高品質のサイト」や「読み手にとって有益なサイト」に非常にこだわりと持っています。なので逆に言えば、片手間に作ったサイトでは収入を得ることができません。

それどころか、せっかく作ったあなたのサイトが「このサイトは品質が悪い」とGoogleに判断されてしまうと、検索結果にすらあがってこないなんてことも起こります。

しかも、そのサイトをそのまま放置してしまうと、早い時で1週間程度でGoogle AdSenseのアカウントごと削除されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

このようなことからも分かるように、Googleは低品質なサイト、他のサイトをマネしたようなサイト、インチキをして無理やり広告をクリックさせるようなサイトに対して、とても厳しいバツを与えています。

そういった意味でも、Google AdSenseで稼ぐためには、初めから「他人にマネできないような情報で、なおかつ、読み手にとって有益な情報」が掲載されているサイトを作る必要があるでしょう。

ネットショップ

ネットショップとは、インターネット上にご自身のお店を持つこと。例えば、もう既に売りたい商品があったり、何か売りたいジャンルの物があったり、すでに実店舗を持っていて売る商品がある人などは、すぐに始めれるのではないでしょうか。

また、年を追うごとにネット通販の市場は大きくなっています。日本だけでも9兆円規模あると予測されていますし、今後、ソーシャルメディアやスマートフォンの普及によって、まだまだ伸びると考えられています。

中でも有名なのが、Amazonや楽天ではないでしょうか?こういった大手通販版サイトの頑張りによって、通販の市場が大きくなった要因と言えるでしょう。

ネットショップはどんな人に向いているのか?

なんといっても、お店を持ちたい方にはオススメです。それに、すでに店舗をお持ちの方も始めやすいでしょう。何か売りたいものがある、売りたいジャンルがある、ネット上の店舗オーナーになりたいという方は、是非チャレンジしてみてください。

また、もうすでにあなたが何かしらの店舗をお持ちなら、ネット上にもう1つ、ネット支店としてお店を出すというのも1つの手です。

「え、店舗もないし、売るものもないよ…」という方も諦めないでください。もうすでに売りたい物が決まっている場合は悩む必要はありませんが、「ネットショップをやりたい!」という気持ちがある方は、まず売る商品を決める必要があります。

商品選びは重要です。重要ですが、そんなに気負う必要はありません。あなたの身の回りを見渡してみてください。何か売れそうなものはありませんか?

・着なくなった洋服
・一度も使っていないカバン
・プレゼントでもらったアクセサリー

なんでも大丈夫です。まずは、気軽にネットショップを通じて商品を発信してみてください。

ネットショップのメリットは?

ネットショップのメリットは、なんといっても、実際の店舗を持つのと比べ格段に”安く”自分の店舗を持つことができます。

店舗の建築費用や機材の購入などの費用がいらないので、当たり前と言えば当たり前なのですが、こう言った費用はバカになりませんし、「建築費用や機材購入費が経営を圧迫して潰れてしまった」なんて話はよく聞く話です。

それに、ネットショップと聞くと手軽に始めらるので、なんだかビジネスっぽくありませんが、決してそんなことはありません。ネットショップも商品を仕入れ、売るという本格的なビジネスなので、うまく軌道にのれば、毎月安定して収入を確保することが可能です。

ネットショップのデメリットは?

先ほど、「ネットショップは費用を安くおさえて始めることができます」と言いましたが、ネットショップといういうくらいなので、ホームページは必ず必要になりますので、ホームページの作成費用は必ず必要なるでしょう。

「ホームページくらい自分で作れる」という方もいるかもしれませんが、人間の心理として、キレイなホームページと見栄えの悪いホームページがあれば、キレイなホームページ買いたくなりますし、信頼性もアップします。そういった意味でも、ネットショップのホームページは業者さんにお願いしたほうが無難でしょう。

また、ネットショップもホームページを作っただけでは、大海原にポツンと浮かぶ小島のようなものです。ネットショップをオープンさせたら、色々な人に見に来てもらわなければ、あなたの商品も売れることはありません。

そのため、ネットの広告を出したり、楽天やヤフーショッピングに出店したりして、なにかしらのお客さんを集める手段を考える必要があります。

その他、決済方法を決める必要もあります。主な決済方法は、郵便振替、銀行振込、代金引換、クレジットカード決済、コンビニ決済などがありますが、どれも用意をするのに多少時間と手間がかかるのもデメリットの1つです。

情報販売

情報販売とは、読んで字のごとく「情報を売って収入を得ること」です。「え、そんなことができるの?」とあなたは思うかもしれませんが、一時期、情報を販売して起業することが流行った時期がありました。

ご存じですか?

ですが、この時は色々な面で整備ができていなかったので、悪質な業者も多く、情報販売にあまりいいイメージを持たれなくなってしまいました。とても残念な話ですが仕方がありません。

とは言っても、情報起業家としてビジネスを立ち上げ、うまくいっている方もたくさんいますし、今はだいぶルールも整備されてきています。それに、悪質な業者も減ってきていますので安心して取り組んでください。

情報販売はどんな人に向いているのか?

すでに売りたい情報がある人は向いているといえます。もっと言えば、何かしらの特技や趣味を持っている人です。

例えば、パソコンが得意とか、プラモデル作るのが得意とか、早く走るのコツを教えてることができるとか、ダンスが得意など、なんでも結構です、その分野に関してスペシャリストだなと思うなら、誰でも情報起業家としてチャレンジすることができます。

「え、そんな得意分野なんてないよ…」と思うかもしれませんが、もう1度あなたの人生を振り帰ってみてください。「〇〇君、それすごいね!」って言われた経験はありませんか?

あなたは「大したことない」と思っていることでも、他人からみると意外とすごいことって多いですよね。

そういったことをもう1度思い返してみてください。きっと、あなたの得意分野がみつかるはずです。

情報販売のメリットは?

インターネットを利用して情報を販売するので、DVDや本、教材をだすよりも簡単に安く販売することが可能です。

また、相手にとってメリットのある、しっかりとした情報であれば、継続的に収入を得ることも可能ですし、情報販売をきっかけにして、実際のセミナーを行ったりすることも可能です。

そういった意味でも、きっかけは情報販売ですが、長期的にビジネスとして戦略をたてれば、最小限の初期費用で大きな利益を継続して得ることが可能なのも大きなメリットと言えるでしょう。

情報販売のデメリットは?

情報販売のデメリットは、なんといってもその”信頼性”でしょう。実際に情報に興味を持つ人は、あなたのことを知らない人ばかりです。常に「この人、誰?」「本当に信頼できるの?」と疑っています。

なので、実際にあなたの情報を購入して成果を出して人の感想を掲載したり、芸能人や権威者など、有名人のお墨付きをもらって、信頼度をアップさせる努力する必要があります。

また、今の世の中は、情報の流行り廃りがものすごく早くなっています。今の段階では、あなたの情報が最新のものだとしても、来月、来年は流行遅れになってしまう可能性もあります。そういった意味でも、あなたの自身も経験や知識を常にバージョンアップさせ続ける必要があります。

インターネットで情報を無料で得ることが当たり前になっています。買ってまで情報を得ようとする人が少なくなってきています。なので、そういった人たちのどうやってアプローチすればいいのか?戦略を練ることも重要になってきます。

せどり

”せどり”なんて言葉聞いたことがない人はほとんどかもしれませんね。せどりを一言で言うと「ものを安く仕入れて、高く売る」ということです。

そもそも、せどりという言葉が使われるようになったきっかけは、「本の転売業者が古本屋さんで、本の背表紙のタイトルを見て買う本を選んだ」ということらしいです。

今のせどりの主流は、ブックオフで古本を仕入れて、Amazonで転売する方法となっています。

ただ、今現在は、せどりと言うと古本を転売するという意味だけではなく、家電商品を転売する「家電せどり」や、CD(DVD)を転売する「CD(DVD)せどり」、ネット通販で仕入れた商品を転売する「電脳せどり」など、取り扱う商品が本以外のものでも、せどりと呼ぶようになってきています。

せどりはどんな人が向いているのか?

せどりに向いている人は、なんとっても、”ものが好きな人”でしょう。これは本に限ったことではありません。

先程も言ったように、今やせどりの範囲はすごく広くなっているので、本だけではなく、おもちゃ、DVD、家電、パソコン周辺機器など、すでのものを指します。また、せどりは現在の販売価格より高く売れそうな商品を探し、その商品を転売するという単純作業になりがちです。

なので、そういった意味で、単純作業が好きな人、または、お金のためなら時間も労力も惜しまないと割り切れる人が向いているといえるでしょう。

逆に、せどりに向かない人はどんな人かというと、単純作業苦手な人です。それと、もう1つ。1人で黙々と作業をすることが苦手な人も向いていないといえます。

というのも、せどりはどうしても仕入れが必要なため、商品を仕入れるお店に出向く必要があります。

もちろん、複数人でお店に行くことも可能ですが、実際の作業としては、実際の販売価格より高く売れそうな商品を、ただ黙々と探し続けることだけになります。その間は、誰かとおしゃべりをすることもなく、商品とのにらめっこになります。

こういった作業に耐えられる人は向いていると言えるでしょう。

せどりのメリットは?

せどりのメリットは、なんといっても単純明快ということが上げられます。冒頭にも言いましたが、せどりで行うことといえば、「モノを仕入れて、高く売る」。

たったこれだけです。

アフィリエイトや情報販売などの他のインターネットビジネスに比べると、これほど単純で簡単なものはないと言えます。専用のサイトも作る必要もありませんし、ブログも書く必要もありません。

もっと言えば、インターネットの広告を使って、お客さんを集める作業さえ必要ないのです。

例えば、古本を仕入れて転売しようと思えば、Amazonやヤフーオクに出品すればいいですし、お客さんを集める作業(アクセスを集める)はAmazonやヤフオクが勝手にやってくれます。あなたは半自動的に、現在の価格よりも高く売れそうなモノを仕入れ、Amazonやヤフオクなどのサイトに出品するという作業を繰り返し行えばいいだけというわけです。

せどりのデメリットは?

ただし、単純明快でいいことだらけと思えるせどりにも、実はデメリットも存在します。一番大きなデメリットは、最初に資金が必要ということです。

何度もお伝えしているように、せどりを行うためには、まず商品を仕入れなければなりません。ということは、どんな商品であれ、一旦自腹で商品を購入する必要があるのです。要するに、商品が売れるまで手元のお金がマイナスになってしまうのです。

せどりは、商品を仕入れて売らなければならないので、商品が売れてから初めて手元にお金が入ってくるわけです。そういった意味で、お金に対するリスクは常に付きまとうと言えるでしょう。

また、もう1つのデメリットとして、参入障壁が低く、誰でも簡単、お手軽に始められてしまうため、ライバルも多いということが上げられます。やはり、転売しやすい商品は競争が激しいですし、転売しやすい商品が置いてあるお店には行ってみたら”せどり目的の人だらけだった”なんて話もチラホラあります。

ネットビジネスは本当に儲かるのか?

さて、いかがだったでしょうか?

「ちょっとやってみようかな」とほんの少しでもネットビジネスに興味が湧いてきましたか?それとも「なんだか難しいな」と思ったでしょうか?

あなたがどのように思ったかは分かりませんが、どちらにしても「ネットビジネスと言っても、ビジネスを立ち上げ起業するのと変わらない」ということを覚えておいてください。

例えば、あなたが何か商品やサービスを販売したいと思っています。この時に…「ネットを使って商品やサービスを売る」という考え方ではなく、「商品やサービスを売るためにネットを使っている」という考え方をぜひ持ってください。
前者の考え方にとらわれ過ぎてしまうと、テクニックやノウハウの振り回されてしまいます。

ですが、後者の考え方を持っていると、”人対人のビジネス”がまず根底にあり、そのビジネスを行うために”たまたま”ネットを使っているだけ、という捉え方をすることができます。

世の中にはよく、「なんの努力もなしに、ド素人がたった一瞬で1日30万円を稼ぐ、反則スレスレの方法」などといった、誇大広告とも捉えかねない情報教材で溢れています。

だから、ネットビジネスの業界は、「ほんとに稼げるの?」とか「どうせねずみ講でしょ」「マルチ商法でしょ」なんて思われてしまうのです。

リアルビジネスで当たり前のように行われている

見込み客を集める
顧客にリーチする
顧客との信頼関係をつくる
商品やサービスをアピールする
商品やサービスを紹介し販売する
顧客のサポートをしてリピートに繋げる

ということをネットビジネスでは疎かにしてしまいがちです。「ネットを使って商品を売る」という意識が先行してしまうと、ビジネスの本質を忘れてしまいいつまでも稼げずに終わってしまいます。

実は私も、昔はこういった”うまい話”に騙されたことが何度かあります。

ですが、ネットビジネスと言えども、パソコンの画面の向こう側には必ず”人がいる”ということを意識し始め、片手間ではなく”本気で起業”しようと決めました。

するとどうでしょう。

起業するための勉強が楽しくなり、ネットに溢れている”耳障りのより話”には耳も傾けなくなり、どんどん自分のスキルもアップしていきました。あなたもぜひ、「パソコンの向こう側にはお客さまがいる」という視点を忘れずに、ネットビジネスに取り組むようにしてください。

まとめ

ザクっとですが、ネットビジネスにはどんな種類があるのか?どんな人が向いているのか?メリットは?デメリットは?ということについてお伝えしてきました。

これをお読みになっている方は少なくとも、ネットビジネスに興味を持っている方だと思います。そして、ネットを使って何らかの商品やサービスや情報を販売したいなと思っているでしょう。

ですが、この2つだけは忘れないで下さい。

ネットで稼げるも、稼げないも、この2つのことを意識して実践できているかどうかにかかっていると言っても言い過ぎではないと思います。

それは、信頼性と一貫性です。

信頼性とは、情報を発信していく中で、あなたご自身と読者の信頼関係を築けているかどうかです。ネットは、良い情報、悪い情報も含めて、色々な情報で溢れています。そして、ほとんどの情報を読者は「これって本当なの?」と1ミリも信じていません。

商品やサービスは、信頼性があって初めて売れるのです。また、その信頼性を高めるのが一貫性です。

これから商品、サービス、情報を販売するにあたり、ぜひ一貫性を持って情報を発信するようにしてください。「色々な商品やサービスを売れば、どれか1つくらいは売れるだろう」と思うかもしれませんが、それは逆です。

人間の心理として、たくさんの選択肢があると「何も買わない」という選択をしてしまいます。たくさんありすぎて商品を選択できないわけです。

これからネットビジネスで稼いでいこうと思うのなら、信頼性と一貫性。

ぜひ、このキーワードだけは忘れないようにしてくださいね。

コメントを残す