2021年10月の運気アップレポート

こんにちは。

みいげです。

今日は毎月恒例の『運気アップレポート』をお送りします。

陰陽五行 算命学で2021年10月は『辛丑年戊戌月(しんきんのうし年ぼどのいぬ月)』です。

戊戌月をひとことで言うと”一途にやり抜く力が高まる月”です。

ただし、失敗と成功の差が激しくでる月でもあります。

それでは、戊戌月を紐解いてまいりましょう!

最後まで楽しんでお読みくださいませ。

 

戊を紐解く

 

戊(ぼど)は十干の1つで、通常5番目に数えられます。

陰陽では陽に属し、五行では土性、方角は中央になります。

また、五徳は信徳、五要素は禄分、五元素は財運、五行本能は引力本能、自然界の現象は、山岳、山となります。

 

戌を紐解く

 

戌(いぬ)は十二支の1つで、通常11番目に数えられます。

陰陽では陽に属し、五行では土性、方角は西方、季節は晩秋、色は黄となります。

また、五徳は信徳、五要素は禄分、五元素は財運、五行本能は引力本能、自然界の現象は、山岳、山となります。

旧暦では9月(新暦では概ね10月)を表し、時刻は20時を中心とする約2時間です。

 

戌年生まれを紐解く

 

戌年生まれの人をひとことで言うと、才能が豊かな人です。

特に物事を積み上げることに才能を発揮します。

また、商人としての才能も備わっているので、財運にも恵まれています。

常に人に好感を持たれ、ユーモアにも長けているので、人と人をつなぎ場を和ませる才能も持ち合わせている人です。

 

戊戌を紐解く

 

戊戌(ぼどのいぬ)は、干支の組み合わせの1つで、通常35番目に数えられます。

陰陽五行では、十干の戊は陽の土性に属し、十二支の戌は陽の土性に属すので、その関係は比和(ひわ)となります。

戊戌は別名”雄峻(ゆうしゅん)の山”と呼ばれ、悠々しく美しい山脈の様であり、山裾の広い富士山のように外見が素晴らしい山という意味があります。

また、その様は安定として広がり、人を惹きつける魅力を放つ様から雄峻の山と呼ばれるようになりました。

 

戊戌の宿命を紐解く

 

陰陽五行 算命学において、戊戌を宿命に持つ人をひとことで言うと、財と名誉が揃い、人生の成功者となる器を持った人です。

財運と名誉運が揃い、人物としては理想に近い人と言われています。

実社会においても成功者になりやすく、人生に波乱が少なく、順風満帆の人生を過ごすことが多いようです。

ただし、甘やかされる環境に身を置くと、大器とならず、傲慢な人物として批判を受け、低迷な人生となるの注意が必要です。

逆に、厳しい環境に身を置くことで、傲慢さを戒められるので、元来持つ大器の資質が開花するでしょう。

 

2021年10月の運勢を紐解く

 

辛丑年戊戌月は、新暦の10月8日(金)〜11月6日(土)にあたり、一途にやり抜く力が高まる月です。

また、色々な物事に対しても余裕が生まれ、どっしりと構えることができ、動揺することが少なくなる月です。

また、基本的に孤独を好むようになり、その分、1つのことに集中しだすと、そのことをとことん追求することができます。

「やるぞ!」と決めたことに対しての意志は固く、どんな困難・苦難に対しても立ち向かうことができるでしょう。

ただし、色々な物事をやり抜くことができる反面、成功する時と失敗する時の”差”が激しく出るので注意が必要です。

 

2021年10月の運勢の改良方法

 

戊戌月は、小金に縁がある月なので、商人のような生き方をすると吉です。

また、人に嫌われることも少なく、なんとなく人の気を惹きつける力も高まります。

そういった意味でも、お客様商売をするには良い月となるでしょう。

普段の生活の中でも、どんな時でも、どんなチャンスでも、何らかの儲けに繋がりやすい月です。

いずれにしても、人との信用を第一に考え、商売をすることで飛躍する月となります。

2021年9月の良い日と悪い日

良い日(追い風)の分類

 

半会(はんかい)→力量を超えた成功を収めやすい日 物事を一つに絞ると良いことが起こる日

支合(しごう)→失敗が少ない日 最も安定しストレスのない日 他者からの力を受けやすい日

比和(ひわ)→物事が比較的スムーズに進む日 穏やかな追い風に守られる日

 

半会の日→10月9日(土)、10月13日(水)、10月21日(木)、10月25日(月)、11月2日(火)、11月6日(土)

支合の日→10月10日(日)、10月22日(金)、11月3日(水)

比和の日→10月17日(日)、10月29日(金)

 

悪い日(向かい風)の分類

 

冲(ちゅう)→最も激しい衝突が起こりやすい日

刑(けい)→衝突、トラブル、争いが起こりやすい日

害(がい)→心(精神)と体(肉体)のバランスが崩れストレスが溜まりやすい日

破(は)→心(精神)が不安定になりやすい日 現実への影響はほとんど受けない日

 

冲の日→10月11日(月)、10月23日(土)、11月4日(木)

刑の日→10月8日(金)、10月14日(木)、10月20日(水)、10月26日(火)、11月1日(月)

害の日→10月16日(土)、10月28日(木)

破の日→10月14日(木)、10月26日(火)

 

※比和と刑が重なる日は、刑の運勢が優先されます

※追い風の日と向かい風の日が重なっている場合は、両方の事象が起こりやすいと思ってください

 

2021年10月の運気アップレポートは以上となります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

 

あなたにとってよい月になりますように。

 

みいげ

 

追伸

 

自分の宿命を知りたい!もっと、陰陽五行算命学を学びたい!と思ったのなら、こちらからLINEに登録しておいてください。

ここでは話せない濃密な情報や案内を優先的にお送りしますので。

スマホの方は↓をタップ

友だち追加

PCの方は↓をカメラで写してください

コメントを残す