2021年9月の運気アップレポート

こんにちは。

みいげです。

 

今日は毎月恒例の『運気アップレポート』です。

 

陰陽五行 算命学で2021年9月は『辛丑年丁酉(しんきんのうし年ていかのとり月)』となります。

 

丁酉月をひとことで言うと、”ものごとの本質を見極める力が高まる月”です。

 

ただし、自分の思い込みで勝手に行動しないように注意が必要です。

 

それでは、丁酉月を紐解いてまいりましょう!

 

最後まで楽しんでお読みくださいませ。

 

 

丁を紐解く

 

丁(ていか)は十干の1つで、通常4番目に数えられます。

 

陰陽では陰に属し、五行では火性、方角は南になります。

 

また、五徳は礼徳、五行本能は伝達本能、自然界の現象は灯火、ロウソクとなります。

 

酉を紐解く

 

酉(とり)は十二支の1つで、通常10番目に数えられます。

 

陰陽では陰に属し、五行では金性、方角は西、色は白になります。

 

また、五徳は義德、五行本能では攻撃本能、自然界の現象は宝石、小石、砂利になります。

 

旧暦では8月(新暦では概ね9月)を表し、時刻は18時を中心とする約2時間です。

 

酉年生まれを紐解く

 

酉年生まれの人を一言でいうと、気品があり、責任感の強い人です。

 

戦国時代で言えば、武官(軍人)より、行政事務を取り扱う文官向きの人です。

 

嘘偽りのない、飾りのない性格から、感情的になりやすい傾向があります。

 

また、名誉や名声よりも、実質的な利益を得ることを選ぶ方が大きなことを成し遂げることができる人です。

 

丁酉を紐解く

 

丁酉(ていかのとり)は、干支の組み合わせの1つで、通常34番目に数えられます。

 

陰陽五行では、十干の丁は陰の火性に属し、十二支の酉は陰の金性に属すので、その関係は相剋関係(火剋金)となります。

 

丁酉は別名”瑠璃の燈光(るりのとうこう)”と呼ばれ、丁(火性)の輝きを十分に発揮できることから、夜・秋・冬生まれを吉としています。

 

また、丁酉自体が、仲(中)秋の名月、または、松明の役割を果たしていることから、夜の環境をうまく使うこと出来ると、輝きを十分に発揮することができ、実力以上のものが発揮されるでしょう。

 

丁酉の宿命を紐解く

 

陰陽五行 算命学において、丁酉を宿命に持つ人を一言でいうと、自ら輝きを放つことができるので、1年では秋から冬にかけて存在感を増し、1日では夕方から夜にかけて力量が高まります人です。

 

そういった意味では、夕方から夜の仕事を選ぶとうまくいくでしょう。

 

また、丁酉の人は、聡明な面も持ち合わせています。

 

ですが、昼の環境を与えられている場合は、太陽(丙火)の存在感が強いため、本人の力量が発揮されづらくなってしまいます。

 

丁酉の人は”自ら輝きを放つ人”なので、自分よりも存在感のある仲間を嫌う傾向があるので要注意です。

 

2021年9月の運勢を紐解く

 

辛丑年丁酉月は、新暦の9月7日(火)〜10月7日(木)にあたり、物事の本質を見極める能力が高まる月です。

 

そういった意味で、冒険心も高くなり、ある面において無鉄砲な行動をしてしまいがちです。

 

頭の回転も早くなり、物事の真実を見抜く力も高まりますので、的確な答えを導き出すことができます。

 

少々、神経質になる面もあるので注意で必要です。

 

また、人情がらみで人と争うこともありそうなので注意してください。

 

2021年9月の運勢の改良方法

 

人生に一途になるので、自分の思い込みで行動しがちになります。

 

そのため、相手を自分のペースで動かそうとしてしまいます。

 

ですが、その気持をグッとおさえて、身勝手な行動は控え、相手の立場になって物事を進めるとよい結果を得ることができるでしょう。

 

もし、自分のペースについてきてくれる人が現れたのなら、その人に対して精一杯尽くすことで吉です。

 

当然、自分のペースで物事を進めようとすると、他人から嫌わえることも出てくるでしょう。

 

ですが、そのような時に、慰めてくれるような良き友を得ることで助けてくれます。

 

また、ご自身でも良き教養、良き知性を身につける生き方を意識するとよいでしょう。

 

2021年9月の良い日と悪い日

良い日(追い風)の分類

 

半会(はんかい)→力量を超えた成功を収めやすい日 物事を一つに絞ると良いことが起こる日

支合(しごう)→失敗が少ない日 最も安定しストレスのない日 他者からの力を受けやすい日

比和(ひわ)→物事が比較的スムーズに進む日 穏やかな追い風に守られる日

 

半会の日→9月14日(火)、9月26日(日)

支合の日→9月17日(金)、9月29日(水)

比和の日→9月10日(金)、9月22日(水)、10月4日(月)

 

悪い日(向かい風)の分類

 

冲(ちゅう)→最も激しい衝突が起こりやすい日

刑(けい)→衝突、トラブル、争いが起こりやすい日

害(がい)→心(精神)と体(肉体)のバランスが崩れストレスが溜まりやすい日

破(は)→心(精神)が不安定になりやすい日 現実への影響はほとんど受けない日

 

冲の日→9月16日(水)、9月28日(火)

刑の日→9月10日(金)、9月22日(水)、10月4日(月)

害の日→9月11日(土)、9月23日(木)、

破の日→9月13日(月)、9月25日(土)、10月7日(木)

 

※比和と刑が重なる日は、刑の運勢が優先されます

※追い風の日と向かい風の日が重なっている場合は、両方の事象が起こりやすいと思ってください

 

2021年9月の運気アップレポートは以上となります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

 

あなたにとってよい月になりますように。

 

みいげ

 

追伸

 

自分の宿命を知りたい!もっと、陰陽五行算命学を学びたい!と思ったのなら、こちらからLINEに登録しておいてください。

ここでは話せない濃密な情報や案内を優先的にお送りしますので。

スマホの方は↓をタップ

友だち追加

PCの方は↓をカメラで写してください

コメントを残す